→コース・オリジナル・サイト

 

こんな人にピッタリ

 

マネジメント技術者を養成

楽しい人生を送りたいとか、給料を上げたいとか、試験に合格したいというような何らかの目標に向かって活動する際の様々な障害(問題)を解決していく事をマネジメントと言います。マネジメント能力は人生のあらゆる面で必要とされますが、本コースでは企業経営を題材にして、その能力向上のための基礎を学んでいきます。
特に、本コースでは3つの視点と論理的思考を重視しています。3つの視点とは①部署担当者としての視点、②管理者としての視点、③社会との関係の調整者としての視点です。この3つの視点に立って問題を捉え、論理的な思考で問題を分析して解決策を導きます。その際に情報通信技術と工学的な知識や技術を存分に活用できる人材「マネジメント技術者」を養成します。

 

専任教員

 

近年の卒業研究テーマ例

「AI活用の実習テキストの作成」
「DEAによるコンビニエンスストアの経営効率性評価」
「人的資源管理」
「サッカー選手から見たリーダーシップの特性要因」
「季節変動をもつ経済時系列の予測手法の評価」

 

統計から学べる、時代の最先端!

「私たちがある目標に向かって動いていくとき、いろんな障害や課題が出てくるものです。そのような問題を把握し、解決策のヒントを得るのに最適なツールが統計学です」。本学で長きに渡って研究に携わってきた日當明男教授は“数理科学”を得意とし、数式で表現したものを現場で活用する方法を学生たちに教えてきました。最近では、統計学の現場への活用に関心を持っています。「最近よく耳にする“ビッグデータ”の活用もその一つですが、身近なアンケートや買い物のレシートなどからも人々の行動や趣向を調べることができます。つまりさまざまなデータを適切な統計的手法を用いて分析すると、人々の行動や趣向パターンが見えてきて、問題の把握だけでなく会社経営や営業業績アップへのヒントも見つけることができます。このような統計学の活用には難しい数学は使いませんので、誰でもできます」。目覚ましく進化する情報社会の中で、人がどう行動し、何を求めているのか? その最先端を一緒にリサーチし、考えてみませんか?

 

4年間の学び

マネジメント技術のプロを育てます

1年次

総合情報学科3コースの概要を知り、自分のコース選択を再考できます。また全コースの基礎を学べます。 「総合情報学概論」の授業では、3コースの概要を学びます。自分のコースの今後の学習をつかめますし、他コースの内容を知ることで学習の広がりが出ます。2年進級時にコース変更もできます。

「経営管理論」の授業では、ヒト・モノ・カネ・情報という経営資源を有効に活用する管理の考え方を学びます。

2年次

部署担当者としての視点と社会との関係の調整者としての視点から、マネジメントを学びます。また、データ処理などの統計的手法も学び、ゼミ活動も始まります。 「データサイエンス実験Ⅰ,Ⅱ」の授業では、収集データのグラフ化や統計処理を行うために表計算ソフトを存分に活用します。

3年次

管理者としての視点と、社会との関係の調整者としての視点から、総合的なマネジメントを学びます。また、卒業研究を見据えて興味あるテーマを絞ります。 「オペレーションズ・リサーチ」の授業では、経営現場で良く遭遇するケースを題材にして、科学的に裏付けられたマネジメント手法を学び、シミュレーションを用いた演習でその効果を実感します。

4年次

これまでの学びを活かして、卒業研究に取り組みます。

 

カリキュラム (クリックで拡大)

 

資格と支援

次の資格取得が目指せます。

資格取得のための支援など
これらの資格取得を支援する勉強会を開催しています。仲間と励まし合いながら楽しく目標を達成しましょう。

 

主な就職先

約半数が県内企業に内定
イオン・ファイナンシャルサービス(株)、(株)リンガーハット、(株)亀山電機、インデックス 、近畿産業信用組合、(株)親和銀行、(株)十八銀行、税理士法人アップパートナーズ、メットライフ生命保険(株)、ダイハツ長崎販売(株)、長崎日産自動車(株)、日産部品九州販売(株)、(株)ビッグモーター、イサハヤ電子(株)、(株)長崎ケーブルメディア、NBC情報システム(株)、(株)NDKCOM、扇精光ソリューションズ(株)、(株)エヌ・ティ・ティ・エムイー、日本紙器(株)、オリエンタル白石(株)、長崎市役所、長崎市消防局、教員

 

在学生から


井上詩野さん(3年)
長崎県/海星高校出身

高校時代に地域創生に興味を持ち始めました。私は本来自分から動いていき、物事を切り開いていくのが好きです。 この大学に進学したのは、地域創生と同時に、組織のマネジメントについて学べるからです。今はNiASプロジェクトとして、パッションフルーツを使った緑のカーテン普及活動を、島原市と連携して行っています。こんな活動ができて、期待した以上にいい環境だと思っています。 夏季休業中には大学が開催した公務員試験対策講座に参加しました。将来は地方公務員になって、地域創生に力を尽くしたいと思っています。

 

卒業生から


狩野純一さん(2004年卒業)
株式会社アイ企画 代表取締役
長崎県立長崎西高等学校出身

 卒業後は扇精光ソリューションズ株式会社に就職。得意先の学校を回り、パソコンの販売やメンテナンス、ウイルス対策などを担当していました。その後、結婚を機に妻の実家である現在の会社へ入社。暮らしを楽しく彩る雑貨を販売しています。実店舗もありますが、私の担当はネットショップの運営。24時間365日営業できる反面、競合相手が多く存在する厳しい世界です。その中で勝負していくために何が必要なのか。検索した時に上位表示させるにはどうしたらいいかなど、さまざまな戦略を考えます。大学で学んだシステムの知識や、物事の因果関係を明確にして順序立てて考える論理的思考が、現在のバックボーンになっています。

 

▲このページのトップへ