→コース・オリジナル・サイト

 

こんな人にピッタリ

 

情報時代のプロを育てる

携帯電話やSNSの普及により、だれもが気軽に情報発信ができる情報時代を迎えました。また、自動車などの自動操舵、音声やパターンの認識、ロボットによる作業、囲碁・将棋・チェスで人間に勝る人工知能など、情報工学とりわけ知能を取り扱う分野の技術発展は目覚ましいものがあります。本コースでは、こうした社会の要請にこたえる「情報時代のプロを育てる」ため、知能や情報に関して幅広く学べるカリキュラムを設定しております。
情報技術の基礎的な理論はもちろんのこと、近年重要視されているセキュリティや情報倫理についても初学年のうちから学びます。また、プログラミングなどに加えて、ハードウェアを構成する電子機器についても学び、IoTの基礎となる技術を身につけます。さらに、マルチメディアに関する技術やアプリケーションソフトウェアの開発技術を習得し、人の感性に基づいた各種評価ができるようになります。
本コースに所属する学生たちは課外活動にも積極的に参加しており、例えば、ETロボコンやNHKロボコンにおいて全国大会に出場するなど、さまざまな成果を挙げています。

 

専任教員

 

近年の卒業研究テーマ例

「ソースコード自動生成ツールの活用に関する基礎研究」
「マルチプラットフォームで作動する屋内測定に特化したアプリケーションの開発」
「高齢者のための観光地バリアフリーの現状調査およびバリアフリーマップの制作」
「遺伝的アルゴリズムと物理演算エンジンを用いた水中ロボットの構造最適化プログラムの開発」

 

自分で考え動く知能ロボットへの期待

「人の役に立つ賢いロボットを作りたい」。ロボット工学の研究者である佐藤雅紀准教授は、農業や水中で活躍する知能ロボットの開発に取り組んでいます。なかでも人間が容易に行くことができない海中で働くロボットの開発は佐藤准教授において最大の研究テーマ。堤防や船底の点検、海の生き物の生態調査、さらには海洋資源の探索など、その必要性は増すばかりです。これらのロボットは人が遠隔操作するのではなく、ロボット自体に知能を持たせ、いかにロボットが賢く考え行動すればよいのかを研究しています。「どうすればもっとスムーズに動いてくれるのか、また動かしたいときに100%動いてくれるのか。実験とメンテナンスを繰り返しながら、学生と一緒になって、社会に役立つロボットを作っていきたいですね」。これまでにも、世界遺産「軍艦島」の護岸の点検や、魚を育む漁礁の調査など、大きな意味がある研究が進められています。

 

4年間の学び

情報社会に必要とされるプロを育てます

1年次

情報を扱い、プログラミングなどをするための準備として、筋道の立ったものの考え方を身につけます。そのため、情報工学の基礎となる数学のほか、「知能情報学概論」では導入教育を行います。また、情報社会において重要視されている「情報セキュリティ概論」などを学びます。

2年次

筋道の立った考え方を身につけ、プログラミングの基礎を学びます。

また、社会に役に立ち、デザインの考え方を体得します。加えて、ネットワークやメディア工学で求められる情報理論や原理を学びます。さらに、実験や演習を通じて物理現象を理解しつつ、計測技術を習得します。

3年次

2年次に学んだ基礎をもとに、Webコンテンツやコンピュータグラフィクスの制作、アプリケーションソフトウェアの開発、人工知能や制御工学など、より専門分野に近づいた内容を学びます。また実験においては、マイコンボードを用いた実装技術を実践することで、ソフトウェア開発に加えて、電子回路から電子機器に至るまでのハードウェア全般について理解を深めます。

4年次

社会における多様な問題に着目し、これまで学んだ情報技術をもとに研究開発や問題解決をテーマとした卒業研究に取り組みます。卒業研究の成果は学会発表を通じて外部に発信します。

 

カリキュラム (クリックで拡大)

 

資格と支援

次の資格取得が目指せます。

資格取得のための支援など
知能情報コースでは、「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」などの受験を推奨しております。資格を取得しながら講義を受けることで、より一層理解を深めることができます。そのほか「CG-ARTS検定」や「ウェブデザイン技能検定認定試験」など、コンピュータグラフィクスやWebに関する資格試験の支援をしております。 また、「情報」に関する教員免許を取得することができます。

 

主な就職先

約半数が県内企業に内定
(株)富士通コンピュータテクノロジーズ、富士通ネットワークソリューションズ(株)、富士通特機システム(株)、京セラドキュメントソリューションズ(株)、(株)サムライソフト、ゼネラルエンジニアリング(株)、(株)CIJ、(株)ドゥアイネット、(株)ユースフル、ネットワンシステムズ(株)、(株)キタムラ、東京アート(株)、(株)メイテック、(株)アルプス技研、(株)イーテック、(株)アソウ・アルファ、(株)デザインネットワーク、日本データスキル(株)、(株)セントラル情報センター、長崎キヤノン(株)、(株)長崎ケーブルメディア、(株)亀山電機、扇精光ソリューションズ(株)、菱計装(株)、大新技研(株)、(株)ジョブエックス、デジタルシティ(株)、教員

 

在学生から


志岐美咲さん(4年)
長崎県立島原翔南高校出身

元々、父の影響もあって高校時代は絵を描いており、一方でロボットにも興味がありました。遠方の大学も受かったのですが、本学を選び進学しました。こちらで正解でした。この本学では美術に関わる授業としてデッサンやCGの授業などもあり、ただプログラムを学ぶだけに留まらないところに魅力を感じています。 感性の動きに興味があったことが発展してきて、現在ではメンタルヘルスマネジメント検定第2種の取得にもつながっています。このキャンパスの自由な校風は味わうべきだと思いますね。

 

卒業生から


片山智弘さん(2011年卒業)
株式会社大村湾リゾート Chief Operating Officer
宮崎県立佐土原高校出身

最初の就職先は株式会社富士通九州システムズでしたが、一般社団法人の立ち上げのために行った大阪で、「子ども食堂」の運営や無農薬野菜の販売などを本業とは別にやってきました。この時に出会ったのが、大村湾に浮かぶ無人島「田島」のオーナー。子どもたちに向けた「冒険の島」をやっているという話に興味を持ち、2016年6月から西海市に移り住んでいます。大学で学んだウェブサイト製作やSNSでの情報発信など、今まさにフル活用ですね。島には電気もガスも水道もないので、まさに大自然の中で過ごすことになります。無人島体験を通して五感を使うことの大切さを伝えていきたいです。そして西海市の魅力も自分なりに発信していきたいと思っています。

 

▲このページのトップへ