→コース・オリジナル・サイト

 

こんな人にピッタリ

 

臨床工学技士の育成を目指して

医療の高度化に伴い、医療の現場では医療と最先端の電子工学が合体しています。本コースではこの二つの分野に関わる専門的知識・技能を有するプロフェッショナルを育てます。
臨床工学技士とは人工心肺装置、血液浄化装置、人工呼吸器などの最先端の医療機器の操作にあたる専門家で、命を預かる仕事ですので国家資格が必要な仕事です。先輩たちは、難関のME2種資格試験(医用生体工学に関する知識を持ち医療に応用できる資質の検定)に合格することも少なくありません。資格取得については、コースをあげて合格に向けた体制をとっています。
また臨床工学技士の他に、医療機器開発者など医療業界に幅広く対応できる人材の育成を行っています。

 

専任教員

 

近年の卒業研究テーマ例

「医療機器警報音の音声解析」
「医療用監視システムの研究開発」
「高速応答型ウェアラブル体温センサの設計」
「カテーテル型凝血塊破砕吸引装置の研究開発」
「内視鏡内部洗浄装置の研究開発」

 

実際の医療機器設備で腕を磨く!

目指すは、人の命を守る「臨床工学技士」。人工心肺装置、人工透析装置の操作はもちろん、心臓カテーテル業務や血液浄化業務、呼吸器点検など医療機器全般の管理・点検と、その業務はとにかく幅広いものです。「臨床実習では、現役の方から直接指導を受けます。特に心臓の手術を想定した授業では、人工心肺装置を稼働させ、患者の血液中の酸素濃度を一定に保つ業務など緊張した時間が流れます。慎重に行わなければ死に直結する専門的な機器の操作となります。臨床工学技士の教育では、自分たちが命を預かっているんだということを念頭にして授業を行っています」と話すのは、医療機器の研究と開発にも携わる川添薫教授。手術室にある機器すべてを理解し、手術中に機器のトラブルがあっても即座に対応ができる姿勢を身につけておくことがとても大切と川添教授は話します。また、このコースで学んだ多くの医療機器の知識を活かし、医療機器の開発者という道に進む学生もいます。まさに人の役に立つ医療技術を手にすることができるコースです。

 

4年間の学び

臨床工学技士を育てます


1年次

医学基礎系、工学系に必要となる基礎科目を中心に学びます。 「人の構造及び機能」の授業では、人体の構造を理解し、生理学、免疫学及び生化学の基礎を学びます。また、人体模型による解説及び実習も一部含めて各部位ごとに学習します。

2年次

臨床工学に必要な医学と工学の専門的分野を幅広く学びます。 「電気電子基礎実験」の授業では、臨床工学技士と特に関りが深い電気電子工学について、オシロスコープや電子電圧計などの計測機器の基本的使用方法や、ダイオードやトランジスタの特性の基礎知識を実験を通して学びます。数名からなるチームで取り組むことで直面する諸問題にチームで対応できる力を身につけます。

3年次

医療機器の専門分野と、医用工学分野の実技を加えた専門教育を行います。 「医用治療器学実習」や「血液浄化装置実習」の授業では、実際の現場で使用される人工透析装置、電気メスなどの医療機器で操作法を学びます。

4年次

病院実習や国家試験対策を行います。また、それぞれの進路に適した卒業研究を行います。

 

カリキュラム (クリックで拡大)

 

資格と支援

前回(第30回)の4年生の国家試験合格率は94.7%!

次の資格が目指せます。

資格取得のための支援など
臨床工学技士の国家資格取得に向けたカリキュラムはもちろん、在学中に第2種ME技術実力検定などの医療系資格取得が可能です。確実に合格を目指し、勉強会の開催、医療棟の自習場所の提供などを行っています。4年次には、臨床実習後は国家試験対策の講義を受講し合格を目指します。

 

主な就職先

国立病院機構長﨑医療センター、国立病院機構嬉野医療センター、市立大村市民病院、公立八女総合病院、田川市立病院、公立学校共済組合九州中央病院、福岡徳洲会病院、宮崎県病院局、沖縄県病院事務局、長崎みなとメディカルセンター市民病院、佐世保市立総合病院、長崎大学病院、日本赤十字社長崎原爆病院、医療法人衆和会 長崎腎病院、独立行政法人 地域医療推進機構 諫早総合病院、井上病院、虹が丘病院、光晴会病院、新里クリニック浦上、(株)セントラルユニ、アークレイ(株)、(株)アステム、(株)ムトウ、アイティーアイ(株)、山下医科器械(株)、(株)宮崎温仙堂商店、(株)翔薬、ミズホ(株)

 

在学生から


松延輝さん(4年)
福岡県立八女高校出身

知人の紹介で医療工学の世界を知りました。 他大学も合格したのですが、私の場合はこの大学の特待制度を利用させていただけたこともあってこちらに進学しました。下に兄弟もいて経済的に助かっています。 この大学は、自然豊かなところが気に入っていますし、大学生活も楽しめています。軽音楽部ではドラムスを担当、沖縄県人会にも友人に誘われ入ってエイサーを踊り、卓球部にも所属しています。バイトもこなしていますが、特待生としての成績は維持できています。 将来は、臨床工学技士の免許を取り、病院で勤務することを目指しています。

 

卒業生から


藤田惇平さん(2016年卒業)
長崎みなとメディカルセンター 臨床工学部臨床工学技士
長崎県立長崎工業高校出身

人の役に立てる仕事がしたい、機器を扱うこともやりたい。高校時代にそんな志望の下に見つけたのが、病院のエンジニアとして医療機器を用いて医療に携わる臨床工学技士でした。本物の医療機器で学べる恵まれた環境の中、臨床工学技士の国家資格取得を目指せることから本学を志望。少人数制の手厚い授業のおかげで、在学中に難易度の高い第1種ME技術実力検定試験に合格できました。現在は主に心臓カテーテル関連業務を担当。細長い管を通して血液の流れを正確に把握し、心筋梗塞や狭心症などを診断します。医師のように直接治療などは行えませんが、治療に関わることで患者さんが元気になっていかれる姿を見ることが生き甲斐です。

 

▲このページのトップへ