こんな人にピッタリ

 

コース概要

建築学コースでは、安全で安心できる建築と都市、そして文化を創造するという『 建築すること』の原点をしっかり捉えた教育・研究を展開しています。
地球環境に配慮し、持続可能な循環型社会の形成を目指す21世紀型の建築技術者および住まいの専門家を育てます。

長崎の地で建築をトータルに学ぶ

地理的、文化・歴史的にも特殊な地域である長崎は、建築を学ぶには絶好の都市です。この地で、新しい建築空間・地域空間の創造再生に向けて、建築設計製図を中心とし、熱・光・音などの環境を学ぶ環境工学・建築設備、安全な建築物を構築するための材料・構造、防災等の科目、機能的かつデザイン的な知識を学ぶ建築計画・都市計画、歴史意匠など、多彩なカリキュラムを設定しています。これらの科目は、一級建築士受験資格を得られるように対応しています。

住まいの暮らしをデザインする

人生の節目にふさわしい住宅を手に入れ、そこでの暮らしをさまざまにデザインすることは、日々の暮らしを豊かに、人生を楽しくします。その基礎をしっかり築くため、住まいの歴史、住居の設計、維持管理、住宅供給の方式、そして住居環境の計画設計などを学びます。「建設する」だけでなく、「使いこなす」「長持ちさせる」視点を大切にした教育と研究を行っています。

第一線で社会を切り開く先輩から学ぶ

建築学科が創立して49年余となり、多くの卒業生が社会で活躍しています。先輩である建築家、構造デザイナー、施工技術者、行政担当者等を招いて、最新の情報を得る科目を設けており、後輩に対する親近感と実践的で臨場感にあふれた講義・演習は刺激に満ちています。

町を学びの場とする体験学習を重視する

建築学コースでは、学生と教員が協働して、地域の課題や実験に取り組み、具体的な成果を得ています。長崎は、歴史的・現代的な建築が蓄積している町、自然に富んだ地域が身近にあり、それらを訪れ、目と足と手を使う体験学習を通して、建築技術や建築への感性を学びます。さらに、海外の研修ツアーをともに企画して、出かけています。

 

専任教員

 

近年の卒業研究テーマ例

「コンクリート強度推定のための微破壊試験法に関する基礎的検討」
「家庭内のエネルギー削減に関する研究」
「長崎市外海地区、旧出津救助院所蔵ド・ロ神父関連道具の調査研究」
「変化する香りの体感が臭気強度に及ぼす影響」
「『長崎さるく』の調査研究とその発展を考えて」

 

出かけよう! 世界の名建築と街並みへの旅

建築学コースでは毎年、海外への研修旅行を行っています。2016年の北欧に続き、2017年はイタリアとフランスを巡ってきました。テーマは「都市と建築のつながりをそれぞれの都市ごとにまとめる」。9月4日から13日までの目くるめく10日間でした。
イタリアの首都ローマでは、コロッセオをはじめとする古代ローマ帝国の遺跡、バチカン市国ではカトリックの総本山サンピエトロ大聖堂など、建物の重厚な存在感に圧倒されました。これに比べ、水の都ヴェネツィアの街並みは軽やかな印象。ミラノでは世界最大級のゴシック建築であるミラノ大聖堂(写真)に出会いました。
フランスの首都パリはさすがに花の都と称えられる華やかさに溢れ、歴代の名建築や近代建築の巨匠ル・コルビュジエの作品に出会えました。さらに足を延ばして「西洋の驚異」と称される世界遺産モン・サン・ミシェルにも。
伝統と高い美意識に触れる豊富な内容の研修旅行でした。

 

4年間の学び

伝統の中で建築のプロを育てます。

1年次

大学生活に慣れると同時に、建築学分野で学ぶための基礎を学びます。 「工学フォーラム」の授業は、大学生活の導入教育です。少人数のグループに分かれ担当教員と共に活動します。建築研修旅行では優れた建築物を体感しつつ、コミュニケーションをはかります。


2年次

建築計画、構造力学、環境工学など専門分野の基礎的科目を学びながら、身近な建物を自ら考え設計します。 「建築設計製図ⅠA」の授業では、所定の期限内に各自の設計案をまとめ、その図面を作成します。またグループで模型製作をします。


3年次

建築施工、建築法規、建築設備基礎などの必修科目と、各自に応じた選択科目を学びます。 「建築設計製図ⅡB」の授業では、比較的規模が大きく、機能が複雑な施設の設計を行います。

「海外研修旅行」では、学生の要望を踏まえヨーロッパなど海外を訪れ建築・都市・町並みについて学びます

4年次

これまでの学びを活かして、卒業研究に取り組みます。論文か設計から一つのテーマを選び、指導教員のもとに、卒業研究を進めます。


 

カリキュラム (クリックで拡大)

 

資格と支援

次の資格取得が目指せます。

資格取得のための支援など
小型船舶操縦士免許に関しては、授業の中で講義及び演習を行いますので、多くの学生が取得しています。技術士資格免許に関しても、希望者は授業の中で支援を行っています。特殊無線技士資格に関しては、本人の希望に応じて電気電子工学コースの授業を受けることも可能です。

 

主な就職先

就職率100%!
五洋建設(株)、戸田建設(株)、白石建設(株)、日本国土開発(株)、(株)イチケン、(株)川村工営、JFEシビル(株)、大成設備(株)、(株)池下設計、三菱地所コミュニティ(株)、大和ハウス工業(株)、積水ハウス(株)、タマホーム(株)、オリエンタル白石(株)、(株)住宅性能評価センター、(株)佐伯建設、(株)未来図建設、(株)西海建設、(株)上滝、(株)谷川建設、(株)PAL構造、(株)駅前不動産、長崎県庁、福岡市役所

 

在学生から


井口 清太さん(4年)
長崎県立長崎工業高校出身

高校受験の際に、建築士への道を志すようになりました。 授業では、特にクライアントの思いを形に落としていく設計の過程が、何物にも代えがたい時間です。 この大学では前向きに自分のやりたいことがあれば認めてもらえる自由度があり、さらに困った時には先生方からサポートも頂けます。長崎建築構造展のポスター制作もさせていただきました。各方面の専門の先生方が揃っていらっしゃることも実感しています。 将来は、意匠設計に進んでいきたいと思っています。

 

卒業生から


大田光敏さん(1992年卒業)
株式会社日東建設 代表取締役
長崎県立長崎西高校出身

家業を継ぐため長崎で唯一、建築が学べる本学へ。ちなみに父も弟も同窓生です。1957年の創業以来、学校施設や商業施設、個人の住宅まで手掛けた建物は多岐にわたります。その中でも出島の復元に携われたことは私の誇りです。復元工事というのは設計図書で描かれていない様々な過程、例えば、泥壁の下地となるえつりの手法や泥の調合など専門的な技術と知識が求められます。難しくもありますが、長崎らしい景観を造り守るという熱い使命感が私の原動力です。その根底には大学時代の学びがあります。建築に関する知識だけでなく、町づくりの価値観や考え方を学べたことは私の大きな財産です。

 

▲このページのトップへ