4年間の学び

NiASでは、社会人としての基礎力を身につけ、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な人間力の獲得を目指し、教育システムと学習支援環境を整えています。

 

4年間の学び (クリックで拡大)

 

共通科目部門

共通科目は、「市民」になるために、また、専門科目を学ぶために必要な知識や基礎学力を身につける科目で、すべての学生が履修します。これは、形成科目、理数科目、外国語科目、情報・キャリア科目の4つの分野から構成されています。その特長は、(1)1年次だけでなく、2年次、3年次までしっかりと無理なく学び続けることができる「L型教育」としていること、(2)一人ひとりの習熟度にあわせて、しっかりと学ぶことができる「少人数教育」を行っていること、(3)現代社会に欠かせない「情報リテラシーの獲得」を全学教育として早期に行っていることです(1年次前期必修)。

 

共通科目部門の開講科目

 

専任教員等

■言語科目

若林 節子特任教授(言語学)
上野 誠司准教授(言語学)
渡部 裕子准教授(言語学)
桑戸 孝子講師(言語学)

■形成科目

村田 義幸特任教授(心理学)
上薗 恒太郎特任教授(教育学)
ブライアン・バークガフニ教授(比較文化論)
柴田 守准教授(法学)
木永 勝也准教授(歴史学)
古川 直子講師(社会学)
岡 茂行教務職員(体育)

■理数科目

澁佐 雄一郎教授(物理学)
加藤 貴教授(物理化学)
長 良夫准教授(数学)

■情報科目

劉 震教授(情報工学)
三田 淳司講師(教育工学)

 

先生方から

 

▲このページのトップへ